Webスキル

【徹底解説】プログラミングスクールを選ぶ上で重要なポイントとは?

近年プログラミングやWEBデザインを学び、未経験からITエンジニアとして就職・転職に成功されている方々が大幅に増加しています。

プログラミングスクールの数も増え、学習の選択肢は広がったものの、自分の目的にあったプログラミングスクールの特徴やカリキュラム内容、評判、料金の比較が重要です。

この記事では、プログラミングスクールの比較・検討でおすすめの選び方を徹底解説、オンラインスクールやエンジニア転職向けのスクールなど本当におすすめのプログラミングスクールを厳選しました。2021年最新の人気・おすすめプログラミングスクール比較・紹介します。

就職・転職に強いプログラミングスクール

  • TechAcademy(専属キャリアアドバイザーがサポート!)
  • DMM WebCamp(修了後も6ヶ月間サポートあり!)
  • 侍エンジニア(就職に有利なポートフォリオを作成!)

プログラミングスクール選ぶ上で重要なポイント

「プログラミングスクール」と一概に言っても、受講形式や受講期間、受講にかかる金額など、選択肢が幅広くあります。そこで、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶ為に、5つのポイントを重視しましょう

プログラミングスクールを選ぶ5つのポイント

  1. 受講形式で選ぶ
  2. プログラミング言語で選ぶ
  3. 料金で選ぶ
  4. あなたのレベルで選ぶ
  5. 就職・転職サポートで選ぶ

こちら上記の5つのポイントに沿って選ぶことができれば、自分に最適なプログラミングスクールを決めることができます。1つずつ詳細を解説します。

①自分に合う受講形式で選ぶ

まず最初に考えるのは受講形式です。プログラミングスクールの受講形式は、大きく分けて3種類。「対面式」「オンライン式」「マンツーマン式」の受講形式があり、あなたの生活リズムや学習のしやすさに合わせて選ぶことをおすすめします。

対面式・周囲に仲間がいる為挫折しにくい
・自宅に落ち着いた環境がなくても受講できる
オンライン式・好きな時間、好きな場所で受講できる
・1人の方が集中できる人にオススメ
マンツーマン式・分からないところをスピーディーに質問可能
・メンターと距離が近い分一番挫折しにくい
 

挫折しにくく理解しやすい「対面式」

「3日坊主で長続きしない」「気軽に質問できる環境が欲しい!」そんなあなたにおすすめなのが、対面式のプログラミングスクールです。対面式は、講師やほかの受講生と同じ空間でレッスンを受けられるため、オンラインなどに比べて挫折しにくいという特徴があります

また、理解できない点をすぐに質問できるのも大きなメリットとして挙げられます。スクールに通う対面式であれば勉強をせざるを得ない状況に自分を追い込めるため、モチベーションを高いまま維持できます。

時間と場所に縛られない「オンライン式」

「本業が多忙でスクールに通う時間がない」「仕事が定時で終わらず休みも不定期」という方々にはオンライン式がおすすめです。オンライン式なら時間と場所に囚われず受講できるため、自分の都合に合わせて学習できるのが魅力。

また、近くにプログラミングスクールがないという地方在住者でも利用できます。家事や育児に追われる主婦にも人気なのが、オンライン式のスクールです。

手厚いサポートが魅力の「マンツーマン式」

これまでの学習で理解できない点があると気になって先に進めないという経験があると思います。そういった方々にはマンツーマン式がかなりオススメです。

マンツーマン式であれば疑問に思ったことはスピード感を持って気兼ねなく質問できるため、理解度に合わせて学習を進められ、習得までの期間が短縮できる可能性がかなりあります。

就職・転職に強いプログラミングスクール

  • TechAcademy(専属キャリアアドバイザーがサポート!)
  • DMM WebCamp(修了後も6ヶ月間サポートあり!)
  • 侍エンジニア(就職に有利なポートフォリオを作成!)

②目的に合うプログラミング言語で選ぶ

プログラミングは、コンピュータープログラムを記述するための形式言語を用いてアプリやサービスを開発します。この形式言語をプログラミング言語と呼び、何を作りたいかによって学ぶ言語は異なります。

あなたがプログラミングを学んで何がしたいのかを明確にしないと、スクールに通い始めてから後悔してしまう可能性もあります。まずは、プログラミングで何を作りたいのか目的を明確にしてスクールを選びましょう。

幅広い言語を学べるプログラミングスクール

  • TechAcademy(専属キャリアアドバイザーがサポート!)
  • DMM WebCamp(修了後も6ヶ月間サポートあり!)
  • 侍エンジニア(就職に有利なポートフォリオを作成!)

③学習したい内容や目的に合った予算で選ぶ

学びたい内容、期間などにより学費は様々ですが、中には無料で通えるものや助成金・補助金が貰える・出世払いが可能なスクールも存在しています

学びたくてもお金がない・目的は明確になっているという方々は自分に必要なスクールを精査し、受講することをオススメします。

幅広い目的に対応したオススメプログラミングスクール3選

  • TechAcademy(専属キャリアアドバイザーがサポート!)
  • DMM WebCamp(修了後も6ヶ月間サポートあり!)
  • 侍エンジニア(就職に有利なポートフォリオを作成!)

④自分のレベルにあったスクールで選ぶ

自分のプログラミングに対する知識のレベルによってプログラミングスクールを選ぶことも重要です。過去に少しでも触れたことがある方や適性がある方は一度自分の理解度についてチェックしてみましょう

初心者なのに経験者向けのスクールに通ってしまうと、ついていけず挫折してしまいます。反対に、過去に学んだことがあるのに初心者向けのスクールに通うと、物足りなく感じます。今の自分のレベルに合うスクール選びもかなり重要となってきます。

理解度で選べるオススメプログラミングスクール

  • TechAcademy(専属キャリアアドバイザーがサポート!)
  • DMM WebCamp(修了後も6ヶ月間サポートあり!)
  • 侍エンジニア(就職に有利なポートフォリオを作成!)

⑤あなたに合う就職・転職サポートで選ぶ

プログラミングスクールに通う大きなメリットとして、就職・転職サポートがある点が挙げられます。スクールによっては就職実績としてかなり大手の企業を就職先として輩出している所も多数存在するので、目的とするゴールから逆算して受講することをオススメします。

就職・転職に強いオススメプログラミングスクール

  • TechAcademy(専属キャリアアドバイザーがサポート!)
  • DMM WebCamp(修了後も6ヶ月間サポートあり!)
  • 侍エンジニア(就職に有利なポートフォリオを作成!)

【徹底比較】オススメのプログラミングスクール5選

圧倒的オススメプログラミングスクール比較表

上記の選ぶポイントを踏まえた上でオススメのプログラミングスクールをご紹介します。

 料金カリキュラムの質サポート体制
第1位  TechAcademy(4.8)(4.6)(4.8)
第2位 DMM WebCamp(4.6)(4.4)(4.7)
第3位 侍エンジニア(4.5)(4.2)(4.5)
第4位 GEEK JOB(4.3)(4.1)(4.3)
第5位 プログラマカレッジ(4.1)(3.9)(4.1)

第1位  TechAcademy

TechAcademy(テックアカデミー)は場所を選ばずどこでも授業を受けることが可能なオンライン学習のスクールです。

TechAcademyではWebやアプリ開発、デザインとコースが多く、自分の目的に沿ったコースを一覧で確認することが出来ます。

目標とするスキルが複数あった場合も、セット割やウケ放題といったプランもあるので、自分のスタイルに合わせてお得に学ぶ事ができるのでおすすめ。

また、質問や指導をしてくれるパーソナルメンターと呼ばれる講師の方がいて、このパーソナルメンターの質が他社に比べて高いと評価されています。

第2位  DMM WebCamp

DMM WebCampは未経験・初心者方でも高いエンジニアスキルを身につけることができ、受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金とかなり手厚いサポート体制が強みのスクールとなっています。

こちらも全コースオンライン受講が可能で場所と時間共に自由度の高いスクールとなっています。

また、講義内容としてはチーム開発など、実務に近い実践的なカリキュラムで学習できるので、転職や就職に有利な実績になる上、現場で即戦力となるようなスキルを身につける事ができます。

無料カウンセリングや無料説明会も随時行っているので、気になる方はスクールの雰囲気を確認する為にも一度体験にお申し込みしてみることをオススメします。

第3位  侍エンジニア

侍エンジニアはマンツーマンの授業で、ゴールから逆算してカリキュラムを組むことで最短での技術所得後、就職・転職を可能としています。

受講形式は地域によっては対面でも受講もできますが、基本的にはオンラインの受講となっていますので、適性を加味して気軽に受講できるのが魅力です。

また、就職だけでなくフリーランスとしての独立や起業についても学ぶことができ、幅広いキャリアサポートが実現しています。

マンツーマンでスピード感を持ってスキルを身に付けることができるので、最短で就職・独立を目指す方にはかなりオススメなプログラミングスクールとなっています。

第4位 GEEK JOB

GEEK JOBは20代向けに無料でプログラミングを教えて、就職・転職支援までしてくれるスクールです。無料なのはスピード転職コースのみなので要注意。

無料受講が20代限定という点がネックではありますが、未経験でも現役で活躍するエンジニアから高いレベルのプログラミングスキルを習得できます。

受講形式はオンラインでも対面でも、学びの形式は自由に選択できる形で、最短1ヶ月で学べてしまうのもまた魅力。

また、最初から就職・転職を視野としていれているので、オリジナルのサービスやアプリなどを制作しながら実績を作ることができ、ポートフォリオなどを求められる面接の通過率もかなりアップします。

就業中の方に向けて、空き時間を活用した学習計画など、かなりフレキシブルに調整もできるので、本職が忙しい方にもかなりオススメのスクールとなっています。

第5位  プログラマカレッジ

プログラマカレッジの最大の魅力はなんといっても、受講料が完全無料のプログラミングスクールである点です。

受講料無料と聞いて怪しく思われるかもしれませんが、企業から協賛金を募って成り立っているためこういった取り組みが可能となっています。

具体的なカリキュラムとして、制作物を作りながら体型的に学習していくので、ポートフォリオをそのまま就活でアピールすることが出来ます。

また、正社員就業率も96.2%と高く、学習はもちろん就職にも手厚くサポートしてくれます。

具体的な就職先としてサイバーエージェントグループや楽天、ソフトバンクグループなど、大手企業への就職も実績として掲げている点がかなり高いレベルでの就職も視野に入ってきます。

無料で就職サポートもかなり手厚いスクールですが、20代限定で首都圏在住でないと受講できない点が懸念点ではありますが、条件を満たしている方は是非受講していただくことをオススメします。

【まとめ】おすすめプログラミングスクール選び方

今回は5社に絞ってオススメプログラミングスクールをご紹介しましたが、この他にも様々なサービスが存在するので、是非自分に合ったサービスを利用し就職・転職を成功させていただけますと幸いです。