やってみた

【革命】1日1食生活を半年間続けてみた結果…

“食事”マジでクソだるくないですか。

そりゃもちろん何か摂取しないと死んでしまうので食べますし、美味しいもん食べるときは嬉々としてしまいます。「風呂は入ってから後悔するやつはいない」みたいな話ですね。

しかし、人生における“食事”のウエイトはあまりにも大きすぎるものではないでしょうか。お金と時間という貴重なリソースを大量投入する行為が生命維持に必要という事実。意味がわかりません。

これはどうにかしなければならないと思っていた所、目に止まったのが「1日1食健康法」の文字。なんでも食事を1食に減らしたほうが3食の時に比べて身体にいいとのこと。

そもそも家庭や教育現場において刷り込まれてきた「1日3食もりもり食べて元気な身体」みたいな概念がそもそも間違っていたのかもしれません。消費行動を促進させるための一種の洗脳教育であった可能性も十分に考えられます。

ということでこれはやってみるしかない。と始めた1日一食生活ですが気付けば半年ほど経過していました。結論から言うと全然大丈夫だったのですが、実際にやって分かったメリットデメリットについて紹介していきます。

1日一食生活のメリット

食費が浮く

1日一食生活の最大にして最強のメリットがこの食費浮き浮き現象。食費をこれまでの半分以下に抑えることができました。

食事回数を減らす分バランス良くたくさんの栄養を摂取しなければならないので、一食にかかる食費は上がってしまいましたがそれでも食事の回数を減らし間食なども無くすことで半分以下に抑えることができました。

何より3食安いものをちまちま食べるよりも「一食しか食べんからいいもん食おう」と金額をあまり気にしなくなったので惨めな気持ちになることもなく精神衛生上もいい効果がありました。

自炊できる人はもっと食費を抑えることが可能だと思います。

時間に余裕ができる

食事の回数を減らしたことで、減らした分の食事の時間を他の事に当てることができました。

“一生のうちで食事にかける時間は約6年分に相当する”と言われています。

毎日3食欠かさず食べて1食30分として単純に計算しても

1食30分×3回=90分   90分×365日×80年=2,628,000分 

時間に直すと43,800時間。日数にして1825日。年数にして5年になります。

準備や片付けなどを含めるとおそらく6年なんて一瞬で超えていくのではないでしょうか。

ここまでくると一層の事“食事”という活動を諦めて6年の爆アドゲットだぜ!といきたいとこですがそうはいきません。人間として崩壊してしまいます。

しかしそこまでは行かなくとも、1日1食にシフトして食事にかける時間を3/1まで抑えることができれば時間的猶予が生まれることは明らかです。

実際僕も生活を切り替えてから今までよりも余裕のある生活をすることができるようになりました。暇なくらいです。

食事を楽しいイベントだと捉えられている人ならともかく、胃袋を埋めるだけの作業としてこなしているとしたらそれはとんでもなく時間が勿体無いです

気付いたら人生終わってるレベルなのでさっさと減らしてしまいましょう。

パフォーマンスが上がる

昼食終わりの授業で机から肘を落とした回数が多ければ多い人ほど感じているはず。そう。昼食後は非常にやる気が出ないアレです。

無意識に襲いかかる怠惰には誰もかないません。しっかり3食時代には半ば諦めていた僕ですが…..見事に克服しました。昼間のやる気が格段に上がります。

また人間をはじめとする動物は空腹時の方が満腹時に比べて記憶力が上がるとも言われているので昼食後以外の時間も普段に比べて集中力が高くなります。

普段から集中できてないな〜と感じる方はすぐに実感できると思います。

睡眠時間が少なく済む

今まで睡眠時間が長い&寝起きの悪さに相当悩まされてきたのですが、バチバチに起きれる身体へと変貌しました。

今まで8時間睡眠をしっかりとっていましたが、今では6.5時間くらい寝れば十分活動できます。

人間は日常生活でエネルギーを消費しますが、その中でも消化に使うエネルギーは全体の80%にもなると言われており、それは42.195kmも走るフルマラソンに匹敵する量になるそうです。

それに伴って、睡眠中にも大きなエネルギーを使って消化を行わなければならず、結果として睡眠時間を確保しなければならないとのこと。

食事の回数を減らすだけで、無駄なエネルギーを使うことなく消化期間を休ませて上げることもできて、更に自由な時間も増えちゃうわけてす。

風邪を引きにくくなる

ここ半年以上全く風邪を引いてません。全く体調を崩す気配がありません。アグレッシブに人混みとかで激しめに呼吸とかしても大丈夫です。

以前は結構な頻度で風邪を引いており、アレルギー性鼻炎などと相まってよく生理現象で“うるさい人”になっていましたが過去の話となりました。

人間は空腹時に体の免疫力がアップします。逆に満腹時が1番弱く、消化活動している胃の方に血液やエネルギーが使われ、免疫活動がストップします。

なので空腹時をきちっと作ってあげることで免疫活動が活発になり、風邪を引きにくい体になるということです。

風邪をひいて体調を崩している時はこれまたとんでもなく時間が勿体無いと思うので健康に日々を過ごしたい方は是非。

ダイエット効果がある

カクジツに痩せます。太る要素がありません。

別に僕も決して太っていた方ではなく限りなく標準体系だったのですが、体重が3kg程落ちました。ちょっと心配されるレベルですが。

もちろん多少の空腹に耐えられることが前提です。あまり無理して突然食事の量を減らすのは危険なので引き締まった体を手に入れるメリットと天秤にかけていい塩梅で食事量を考えましょう。

ご飯が美味しくなる

「Hunger is the best sauce」

空腹は最高のスパイスとはよく言ったものです。毎日食べるものが本当に美味しくなります。(体感4倍くらいうまい)

更に食べ物が美味しいことによって、普段よりも噛みしめて食べたくなるため噛む回数が圧倒的に増えます。

これによって

  1. 美肌効果(唾液にはパロチンという若返りホルモンとや、EGFと呼ばれる美容成分が含まれている)
  2. 小顔効果(顔の筋肉が鍛えられる)
  3. ダイエット効果(満腹中枢が刺激される)
  4. 脳の活性化(セロトニンによって集中力を高めることができる)
  5. 虫歯や歯周病の予防(唾液の分泌によって防いでくれる)
  6. 免疫力が高くなる(消化が楽になり余ったエネルギーを免疫活動に使うことができる)

などの多くのメリットも生まれてきます。

噛んで食べるメリットについては三食しっかり食べていても噛めば済む話なのですが、普段から噛んで食べることができてないと感じる人も食事を減らすことで自然と噛むようになると思います。

副作用的にこれだけのメリットが手に入ると考えたらやるしかないでしょう。

そろそろ1日1食にしたくなってきたんじゃないでしょうか。

自然に体にいいものを食べるようになる

「食べ物は体に悪ければ悪いほど美味い」という自然界の法則の元で定期的にジャンクフードやお菓子に誘惑されていましたが、今ではほとんど食べなくなりました。

1日1食にすることで一度の食事から栄養を摂取しなければならないので自然と不健康そうなものは食べなくなりました。

余計なものを食べなくなるので食費を減らすことにもつながります。

つまみ食いでお菓子などが辞められない方は不健康ですしお金も勿体無いのでこれを機にやめてしまいましょう。

1日1食生活のデメリット

ほとんどないと言いたいところではありますが、もちろん多少はデメリットっぽいものも4つほど紹介しときます。

お腹が減る

これです。これに限ります。1日1食生活における不安要素のほとんどがここではないでしょうか。

序盤はなかなか無理して空腹時も水をがぶ飲みして誤魔化したりしてました…

慣れるまでが大変ですが慣れてしまえばこっちのものなのでちょっとずつ減らしていく事をお勧めします。

食べるのが面倒くさくなる

1日1食生活は想像以上に効率的で素晴らしいものでありますが、あまりにも馴染んでくると

1日1食すら面倒臭い

という感情に襲われます。人体も充電出来るんじゃないかとか思考を巡らせたりします。

結果的に食べなきゃ人間辞めちゃうので食べはしますけど、面倒くささが定期的に訪れます。

栄養不足になる

単純に食事の回数が減るので摂取する栄養が少なくなります。

きちんと一回の食事で必要な栄養を摂取しなければ栄養失調によって体調を崩すことになりかねません。

一日一食で栄養の偏ったものしか食べる事ができない人は注意が必要です。

まとめ

以上が実際僕が半年以上実践してみて感じたことになります。

見ていただいて分かるように1日1食生活を始めてから劇的に生活が変化しました。あまりのメリットの多さに今までの自分人生を悔やむレベルです。

もちろん人によってはこの生活スタイルが合わない人もいるでしょうが、短期間でもいいので試してみる価値はあるのではないでしょうか。

一つでもメリットを感じた人はぜひ挑戦してみてください。